東霧島神社の紹介
東霧島神社の「神石」について
天地が開け、万物が成長し初めた神代の昔。天地創造の神である、イザナギの尊、イザナミの尊が誕生されました。夫婦となられた二人の神様は国土・山川草木に至る私たちの生活に必要な種々のものを生成なされました。
あらゆるものを生み成していく中で、私たちの生活に最も大切な『火の神』をお生みになられたことにより、妻イザナミの尊はこの世を去られたのであります。
夫の神、イザナギの尊はまだまだこの世に残さねばならないことがたくさんあります。 愛しい妻よ、今一度我がもとに帰ってくれよと嘆き、悲しめども亡き人は帰る術もありません。
その愛しい妻イザナミの尊を恋い慕う悲しみの涙で凝り固まったのが、『神石』(神裂石・魔石・雷神石・割裂神石)であるといいます。そして、夫イザナギの尊が腰に付けていた「十握の剣」で悲しみの涙で凝り固まった石を今後再びこのような災難に世人が遭わないように・・・と、深き祈りの心を込めて三段に切ったといいます。『十握の剣』は当神社の神宝であり、厄除け・魔除けの神となり御社殿に鎮め納めております。


東霧島神社の大クス
通称性空上人御霊徳幸招大クスと言い、樹齢1000年とも言われますこの大クスは本殿へ登る石段の左側に幹を大きな洞をかかえるようにしてそびえたっております。
この洞をくぐり、右に3回、左に3回めぐり、乳水・龍神水をいただくと無事出産安全であり、病魔を払うといいます。
なお、クスの木はこの地方の特産木でありました。クスの樹皮を蒸留加工した樟脳は島津藩財政の収入源でもあったようです。
境内にはイチ・カシなど大木がたくさんありますが、この大クスは東霧島神社の歴史と神話電設を今日に伝える唯一の古木であります。

東霧島神社の紹介
由緒
行事案内
交通アクセス
TOPページ
東霧島神社

〒889-4540
宮崎県都城市高崎町東霧島1560
TEL:0986-62-1713
FAX:0986-62-2615
お問い合わせ
メールソフトが起動します






inserted by FC2 system